• ライオンズクラブとは
  • 長野みすずライオンズクラブ
  • 役員・会員
  • 年間スケジュール
  • 活動報告
  • 会報
  • 入会案内

活動報告

2018年12月アーカイブ

12月21日(金) 12月第2家族合クリスマス例会 ザ・フジヤゴホンジン

今年最後の「家族合同クリスマス」例会が長野白樺ライオンズクラブ会長L.小林克己、幹事L.堀込哲也、会計L.宮下知子、長野りんどうライオンズクラブ会長L.山本泰治、幹事L.福田正利、会計L.森山栄治の来賓6名をお招きして盛大に開催されました。平成最後のクリスマス例会冒頭で高野会長より今年を振り返り会員それぞれに協力をいただいたことに感謝を述べられ労いの言葉で一年を締めくくりました。

また、ご来賓の長野白樺ライオンズクラブ会長L.小林克己様より来賓挨拶を頂戴し、11月23日に開催された長野日大学園レオクラブチャーターナイト収支決算についてレオクラブ支援副委員長L.黒岩敏成より報告がありその後、委員会報告を各委員長より発表いたあと幹事報告と続き閉会のゴングで例会を終了しお楽しみパーティーの開催となりました。この日のゲスト牧美花(まきみか)さんが♪きよしこの夜♪のバイオリン演奏で入場し会場全体がクリスマスの雰囲気に包まれました。また、参加した可愛らしいお子様一人一人に"高野サンタ"よりプレゼントが手渡され子供たちは大喜びし笑顔で写真に収まり最後は子供の笑顔に心が洗われたクリスマス例会でした。今年も様々な行事を通してみなさんと共に時間を共有して参りました。一年間大変おつかれさまでした。明ける年がみなさんにとりより良い年になりますよう心より祈念申し上げます。

20190404-102856.png

今回で第32回目を迎えた本大会は長野市をはじめ多方面より後援をいただき午前9時より開会式が行われた。試合当日はあいにく小雪舞う寒い朝となったが選手たちは冷たい体育館の床の上を素足で堂々と元気よく入場行進を行った。挨拶に立った当クラブ高野会長より参加選手にエールが送られ、選手代表のアダムソン・コディ君の力強い選手宣誓の後、小学生低学年の部122名、小学生高学年の部175名、中学生の部139名の団体戦と高等学校個人戦(1年生男子)の部49名、高等学校個人戦(1年生女子)の部26名総勢510名による熱戦が行われ、大勢の父兄が応援に詰めかけ会場は熱気に包まれた。白熱した試合も高等学校女子の部3位決定戦と決勝戦が行われた。

その後、閉会式で入賞クラブ、入賞者に賞状とトロフィーが、第1副会長L.上原英二より手渡され、第2副会長・奉仕委員長L.金澤正明より「みなさんまた来年お会いしましょう」の閉会宣言で今大会の幕を閉じた。

今大会の入賞は以下の通り。

 

《小学生低学年の部・団体戦》

優勝:若穂剣道育成会 

準優勝:権藤少年剣友会A 

第三位:青木島剣道少年団

 

《小学生高学年の部・団体戦》

優勝:稲里剣道クラブ 

準優勝:清野秀武館倉石道場 

第三位:長野剣道スポーツ少年団

 

《中学生の部・団体戦》

優勝:清野秀武館倉石道場 

準優勝:長野剣道スポーツ少年団A 

第三位:須坂剣道連盟

 

《優秀選手賞》

小学生低学年の部:嶋田佑夏 

小学生高学年の部:中島暖人 

中学生の部:臼井祭

《高校生1年生の部・個人戦》

男子優勝:小口 晴矢(長野日大)

男子準優勝:水野晃汰(青木島)

男子第三位:宮下昂大(長野日大)

 

女子優勝:春原愛子(松代)

女子準優勝:鶴崎ちひろ(長野西)

女子第三位:川合温(長野商業)

 

《最後に高野会長あいさつ一文よりご紹介》

この大会は、当クラブが青少年健全育成を大きな柱として奉仕活動に取り組んでおり、その一環として行われております。剣道を通して心身を鍛え、礼儀を重んじ、痛みの分かる豊かな人間性を身に付けて頂きたいと思います。最後になりますが、この大会を開催するにあたり、競技運営を担当してくださいました、役員及び審判員の皆様、そして陰で支えてくださいました保護者の皆様にこころから感謝申し上げます。有難うございました。

20190404-102544.png