ライオンズクラブとは

ライオンズクラブとは

ライオンズクラブは、1917年に、アメリカ、シカゴにおいて、創始者メルビン・ジョーンズによって 設立されて以来、現在では、世界約200ヶ国、135万人ほどの会員をもつ世界最大の社会奉仕団体です。

「We Serve われわれは奉仕する」をモットーに掲げ、様々な活動を行っています。 特に、1925年の国際大会の際に、自らも重い障害をもった福祉活動家ヘレン・ケラーが 「盲人のために暗闇と戦う十字軍の騎士になる気はありませんか?」とライオンズクラブに 問いかけ、それ以来、「予防可能な失明の根絶」に関わる活動は、クラブの大きな柱になっています。

ライオンズクラブのモットー

私たちのモットーは “We Serve”つまり、「私たちは奉仕する」です。

一本の小さな明かり。それはわずかに身の周りを照らすにすぎない。 しかし、幾千万と集まれば影と闇をなくする巨大な光明となるに違いない。 私たち”We”は皆様と力を合わせて奉仕の輪と和を広げられるようにさまざまな活動をしています。